海外の高級時計ブランドであるパネライを高く買取ってくれるお店は、日本にもたくさんあります。なぜならこのブランドの時計を欲しいと思っている人は全国に大勢いて、その中には高額な新品ではなく、比較的低額となる中古品を買いたいという人が少なくないため、買取店が高額での査定を出しても損をしないからです。このブランドの正式名称はオフィチーネ・パネライと言い、元々は1860年にイタリアのフィレンツェで創設された老舗の精密機器メーカーで、その創始者はブランド名の元にもなっているジョヴァンニ・パネライという人物です。このブランドが時計の製造に着手したきっかけは、精密機器の納入で関わっていたイタリアの海軍から、軍用の精度の高い時計を作ってほしいという依頼を受けたことでした。そうして1938年に発表された軍用ダイバーズウォッチ「ラジオミール」を始めとして、軍用の時計メーカーとして名を上げて行ったパネライでしたが、東西の冷戦が終結して以来業績を下げてしまいます。そこでそれまでに培った高い技術を生かし、1993年から民間用の時計を製造するようになったのです。高い精度と信頼性が要求される軍用時計メーカーならではの時計作りで人気の高まったこのブランドは、最初に製造した時計から名を取った「ラジオミール」、ボリュームのあるケースが特徴的な「ルミノール」といった人気機種を生み出していて、それらは特に高価買取が期待できます。その場合にはリサイクルショップのような何でも買取ってくれるお店よりも、時計を専門的に扱うお店の方が、より高額で買取ってくれる可能性が高いでしょう。